読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ダラダラと

ゆるい

過去にすがる話

 

(若手俳優と全然関係ない話です)

 

昔歌ってみた動画にだだハマりしていた頃がありました。ある人がとても好きで仕方がなく、ニコ生(懐かしい)を聴いてコメントしたり、その人が出演するライブには必ず行き手紙を書き、リプライを飛ばし、動画がUPされたらすぐさまコメントマイリスをしていました。その人はもう引退していますが、今でも定期的に曲を聴いています。

 

 

でも、時々よくわからない感情に襲われます。

 

聴きたいから今でも曲を聴き続けているのか、ただ思い出にすがり今でも好き!と思い込んでいるだけなのか、、、

 

おそらく聴きたい気持ちもちょっとはあるだろうけど、心の奥ではとっくに熱がないです。(まだ完璧ないとは言い切れないが)

あの頃好き「だった」にしてしまうと、誰かもわからない謎の人に負けてしまう気になり、きちんと思い出として供養することができません。

 

負けず嫌いなので、他の子がその人のことをまだ想っているのに私は全然聴いてない!そんなの嫌だ!という気持ちになります。うわ〜〜とてもめんどくさい性格だ〜〜〜

 

過去にすがりすぎてすでに飽きている(確定ではない)人の曲を聴いて、大丈夫、まだ好きなはずだと思い込んでるなんてちゃんちゃらおかしい。

 

この義務的な考えになってしまい、2年が経ちました。未だに過去にすがっています。ただその人の顔は大好きで、その人に似た人を探してしまいます。きっとその人がまた目の前に現れたらあっという間に好きになってしまうんだろうな、、、そして本人には伝えないが、負けず嫌いなこの性格のことだから、ずっと待ってた!とか本当にふざけててアホなことを言いだすんだろうな、、、

 

こうならないために、早い所思い出にしてしまいたい。

 

供養する日は、今の所未定です。