読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ダラダラと

ゆるい

 

ちょっとイラっとしたことがあったので書かせていただきます。

 

この前知り合いにチケット取るのを手伝って欲しいと頼まれました。私もよく頼んでいたので、いいよいいよーーー!と快諾しました。

 

そしたら見事に当たりました。まあそんなに倍率の高いやつではなかったらしく、でも落ちた人はいるけど みたいな。

 

当たったよーと報告して、振込よろしくね〜って言ってその日は終わりました。

 

そしたら期限が近づいてるので振込してください的なメールがきて、その子に期日を教えて早いうちによろしくって言いました。

 

でも振込がない。当日になっても振込がない。今日の〜時までだよ!って言ってもツイートはしてるのに無視。そのあとちゃんと返事くれましたが、振込締め切りの30分前にきて、行く子と連絡つかないどうこうで今回は流す!って言われておい待てよと。連絡つかないにしてもとりあえず払っておくべきではないのか。しかも絶対行きたいって言ってたやつだから次の時にまた応募かけるだろうし。は?ってなりました。しかも多分連絡つかないは嘘っぽい。だって3日前くらいからこっちは言ってるんだもの。

 

そもそももっと早く言ってくれてたらこっちだって譲渡も探せたのに。てか連絡つかなくなってやばいかもってなった時点で自分で譲渡探せよ。てか譲り先あるようなやつなら先支払っとけよ。(お口が悪い)ないやつならまあしょうがないとする。決して安い金額ではないけど、名義は私だけしかかけてないからそんな莫大な金額ではないし、支払えないなら取るべきではないと思いましたー!

 

 

まあ過ぎたことはしょうがないしその人のこと嫌いになることは多分ないけどとっっっってもイラっとしました。幸い飲み会が終わって楽しい状態のときに見たので、まじかよ!くらいにしか思わなかったのできつい返信はしなかったからよかったです。流すことにした本当にごめん!ってきてそれに対して、もっと早めに言ってくれたら譲渡探せるから今度からはそうして〜って我ながら聖人のような返信をしたのを褒めて欲しい。まあそれは無視されましたが。せめてごめんなくらい返信してくださいよーーーーーーーーーーー。

 

自分が頼んだことに関しての無視はやめましょうぜ。礼儀として。多分無視されてなかったらそんなにイラつきはしなかったと思うよ。

 

 

無題

 

 

前回の記事びっくりするほどすぐ消した。消すとは言ってたけど我にかえるスピードが早すぎてびっくりした。なら書くなよ自分。朝起きて、私は何を書いてるんだ??ってなってすぐ消した。すごく精神が不安定になり暗い部屋でぽちぽちしてたらまじでびっくりするほど(どれだけびっくりしてるんだ)ネガティヴになってあんなの書いてしまってごめんね推し。目が覚めたら割とどうでもよくなっていたよ。どうでもいいってか私の精神どうなってるんだ?!逆になんでそう捉えることできた?!ってなった。今は画像見ても何も思わないしいても全然いい。安定してる〜!睡眠大事。

 

 

話は変わりますが、今度初ドルステ行くのですがその時の手紙の書き方がわからない。設定(この言葉すらアウトなのかもしれない)とかに沿って書くのかその人に向けて書くのかわからない。それだけ。あとまさかの資格試験と千秋楽が被ってて笑いました。うそ。笑えない。千秋楽に行くということは当たり前のように無くなり、おまけに1公演(行けて2)しか行けません。勉強しないとまずい。全然笑えない。

 

5月に入りましたね。Bさんに会えないけどAさんには会えます。どちらかに会えればそれでいいやってわけではないですが、それをモチベに強く生きていくしか術はない。てか今後の推し事交互に来すぎてやばい。お財布的にはありがたいけどできればちゃんとどちらともコンスタントに会いたい。精神持つかな。

 

あと今更気づいたけど会場でDVDを予約する際、次公演入った時でいいや!ってなってよく忘れる芸人の私は、リリイベのことなどすっかり頭になくて普通に予約していませんでした。沈む。

 

 

 

まわりと自分

 

 

中学のころ一緒にオタクやってきた子がいつの間にか足を洗ってました。

 

 

本当に悲しすぎて心臓止まりそうだった。思い出しても切ない。私はどんどんエスカレートしてますよお〜。

 

その子だけではなく、最近周りの子が突然オタクやめていたりして本当に辛い。「リアルが忙しくてそういうのに目を向ける暇がない」これ言われた時はしにたくなった。リアルが忙しいとか恋愛が忙しいとか………言いたい。この先どんどんこういうことが増えていくんだろうなと考えるとさらに辛く、しんどくてしんどくてたまりません。てかさすがに私もリアルが忙しかったことはあるけどその時もちゃんとしっかりオタクしてた。この差はなんだ。

 

全然抜け出せない。私も中学生の頃はまあ高校生になったら辞めてるだろうなって思ってた。だが全然抜け出すような気配もなくむしろ酷くなり、まあ大学生になったら辞めるだろうと思ってたら若手俳優にハマった。まんまと。

 

そのジャンルに飽きるとかはあるけど飽きたら次に新しいものにハマるタイプの私は永遠に抜け出せないのかなとか考え出したらもう無理。とても怖い。

 

 

オタクから足を洗っている人を見ると本当に尊敬と羨ましさで泣きそうになります。興味がなくなったにせよ、それより大事にするものができたという事実が信じられないくらい羨ましい。趣味より大事なものが今のところ見つかりそうにないです。夢もなりたいものも何も無く、もはや趣味が希望や糧であり、生きる上での楽しみが他に何もない。あるだけいいのかもしれないけど。また、なんらかの事情があり無理やりにでもサヨナラしていい思い出にする人もすごいと思います。思い出にできずズルズル引きずるタイプの私は前のジャンルと完璧にサヨナラすることはできず、片足突っ込んだままです。

 

 

もともと周りにオタクの友達が少なく、ウェイの人が多いので、隠してはいませんがそういう話をできませんでした。なので私にとってジャンルは微妙に違うにせよ、気持ちをわかってくれるオタク友達は貴重な存在でした。そんな友達がどんどん減っていく。むしろそろそろ現実見なよとか言ってくる。見てるよ!!!!!見た結果これだよ!!!!!

 

 

どうあがいても私がオタクをやめない限りこの悲しい出来事が減ることはないでしょう。私がオタクをやめるときははたしてくるのでしょうか。母曰く幼稚園のころから漫画を読み漁ってた筋金入りらしい。あ〜オタクと喋りたい。お願いだから減らないで。

 

 

 

  

距離とお金とチケ数と私

 

 

新たにバイトを始めて少しばかりお金が増えてきたのでチケットを増やせるようになってきた。本当に嬉しい。

 

前はやっていたバイトを辞め、すぐ次のバイトを探すわけでもなくちょっとの間なにもしていなかった。学校も忙しく(言い訳だけど)、また最悪なバイト先に当たったらやだなっていう気持ちでなかなかできず(言い訳だけど)、昔から貯めていたなけなしの貯金を切り崩して舞台に行っていた。なので1公演くらいで、足りない〜〜!!!って感じでした。バイトしろよって。

だが公演数<バイトしたくない  って気持ちが生まれるくらいに課題以外労力を使いたくなかった。それだけしんどかった。ただのめんどくさがりともいえるが。学校生活も落ち着き今はとても元気なのでお金を稼ぎたくて仕方がない。そしてなによりたくさん行きたい。

 

なので今はせっせと働いています。いうて日数的にも4公演ほどしか無理だけど1に比べたら全然いい。てかよく今まで我慢できていたな。しかも今は春休みなので平日でも全然行けてしまうというハッピー。

 

よくよく考えると1公演しか行ってなかった時いつも地方とお金を言い訳にしてたなって思う。地方であっても自分の工夫と我慢次第でそれより多く行けちゃうし、お金の問題なんか働けよ!っていうのが答え。分かりきったことすぎるのに言い訳ばかりして、、まったく。言い訳マンは卒業だ。チケットが取れず、譲渡もなく1公演しかどうしても無理っていうのは別として。

 

学校が始まると平日は厳しいにせよ、4公演は行けるようにする。そして、長期休みの時はもっと働いて、より多くの公演に入りたい。どんどん欲張りになっていき、そのうち4公演じゃ足りなくなるのが目に見えてるが、地方は地方なりに、新規は新規なりに頑張っていきたいっていうのが今の前向きな気持ちです。

 

2Dなので、月に1人4公演というのは日程的にも金銭的にも厳しいので2人で4〜5公演という中途半端な感じになりますが、これが私の選んだ道だから文句は言えない。中途半端な推し方で申し訳ないけど仕方がない。って割り切る!

よくよく考えたら新規で2Dで地方でそんなに金落とさないって申し訳なさの塊すぎ。

 

ちょっと前までBさんの舞台が全然なく、Aさんだけで日程もお金計算も簡単だったけどだんだんBさんも増えてきたので(うれしい)、日程とお金の計算はしっかりやらないといけないなと日々思い知らされる。なんでもかんでもポンポンと取ってはいけませんよ。私。

 

前のバイト先では、働く理由を忘れてただ辛いが先に来ていたので今回は絶対に働く理由は忘れないし、忘れてはダメだ。

 

チケットはもちろん、いい双眼鏡と新しい財布のために頑張ろうと思う。

 

 

 

 

 

 

どちらも好きはわがままなのか

 

 

私は2Dです。

 

2Dって美しくないよなあと思いつつもなかなかやめられない止められない。楽しい。すごく楽しい。でも楽しさと辛さ両方とも2倍な気がする。多分単推しの人が感じる辛さとは全然違う。(2人いたとしてもどっちかの舞台の期間が空いてしまった時はとてつもなく辛いけど)

 

ここでいう辛さは申し訳なさが7割、推しが単推しの人の目が2割、あとはお金。

 

申し訳なさは割と常に感じてる。この人に手紙を書く資格があるのだろうかとかリプとか。書くし送るけどね!!ただの自分の考えすぎだと思うし向こうは全然気にしてないと思うしそもそも私のこと知らないしからどう考えても気にしすぎなんだけど。あと公演日が被った日、時間的にどうしても片方の初日は行けなくて、もう片方のやつに行かなければならなかった時(日程的にも厳しかった)、本当にごめんなさいって思いがマックスで心が折れそうだった。(でもちゃんと楽しく観た)

 

 

あと人の目。よくリプ送る人って名前とかアイコンとか覚えちゃうじゃないですか。推しへのリプなら特に。推しじゃなくてもツイートをちゃんと開いて見る人絶対いると思うんですけど、そのときに''あれ、この人あの人にもあの人にもリプ送ってたよな、、、''ってなりません?私はなります。だからこのとき、私も他人からそう思われてるんだよなあ、、、ってなって辛くなります。そしてお二人にしかリプは送らないからセーフだよね?!っていう気持ちも生まれる。セーフってなんだ。

 

頭の中に自分に甘い奴と自分に厳しい奴が現れます。誰にでもリプ送って好きです!って言ってるDDとは違うから!一緒にしないで!っていう甘々ちゃんと、こ〜〜れだから2Dは!一緒だよ!1人に絞らない浮気者め!っていう厳々ちゃん(?)がゴチャゴチャと言い合いをし、結局引き分けになる。

 

好きのベクトル違うからいいの!って思ってた時もあったし今もちょっと思ってるけどそもそも好きのベクトルが違うってなんだ。一般人や単推しの人からしたらただの浮気者だよ!

 

このめんどくさいネガティヴな考え。なにも考えずにただ楽しめばいいのに!

 

楽しいは楽しい。すごくね。辞めるつもりもないし辞められる自信もない。あとお二人とも本当に大好きで愛があって尊敬してて応援してる。日によって可愛いの度合いが違う時もあるけどそれが交互にくるから結果同じくらい愛おしい。

 

ただ、どっちが好きなの!?って言われても答えられなくて困ってしまう。これはわがままなのだろうか。

 

 

この気持ちわかる人いませんか。1番2番をつけたくないしつけられないのです。

 

 

 

 

 

いつか街で会えたら。

 

 

(若手俳優とあまり関係がありません)

 

 

好きな(だった)人と完璧さようならになってしまいました。その報告を受けた時、そっか、、、と割と落ち着いていたのですが、文字にして打っている今その言葉の意味をだんだんと理解することができ、後悔の念に押しつぶされそう。

 

ずっとツイッターにも顔を出さない日々が続き、まあでもそのうち復活して歌ってくれるだろうと思っていました。そんなのはただの夢でしかなかった。

 

歌ってみたを辞め、新たに活動していたグループを私は追いませんでした。受け入れられなかった。部活も忙しく、部活を引退した後は受験があり、要するに距離と時間を言い訳にしていました。

 

あの時言い訳せず、きちんと受け入れて、少しでも時間を作って会いに行っていたら、辞めることもなく今も歌っていたのかなって。もちろん私1人でどうにかできることじゃないけど、ちょっとでも貢献してればよかったのに。

 

過去にすがる話 - ダラダラと

 

少し前に純粋に好きなのか義務感から好きって思い込んでいるままなのかわからないと書きました。でも彼が二度とステージに立たないと言ってしまった今悲しくて悲しくて仕方がなく、もう二度と会うことができないという事実が苦しくてたまりません。生で歌を聴くことも、新しい歌を聴くことも、顔を見ることもできない。失ってから気づくということはこういうことなんだなと。偉そうだな。

 

そろそろ思い出にしろって言っているのかもしれない。いつまでも過去にすがってないで、楽しかった思い出にしないと。ちゃんと受け入れるよ。

 

あーこういうことがあるから3次元て本当に、、、(笑)こわいな〜。また後悔しないよう意地でもいいから気がすむまで追い続けよう。いついなくなってしまうかわからない恐怖からは逃れられない。意地でも義務でも正直なんでもいいんだよ本当に。行かないほうが後悔する。

 

 

 

すごく綺麗な声で歌い、愉快で面白く、かっこよく、とても素敵な方でした。

 

ずっと待ってるとか言う資格はないので言いませんが、表舞台に立たなくても自分の好きなようにいつまでも楽しく歌ってください。辛い思いをした分、幸せになってください。

 

 

バイバイ。そしてようこそ思い出たち。

 

 

 

 

喜び

 

 

スターありがとうございます。とても嬉しいです。なんか嬉しすぎて何回もアクセス解析開いてしまいますよね。そしたらえっこんなに見てるの、、、っと嬉しさと恐怖が入り混じった感情が生まれました。貴重な体験です。

 

 

 

話は変わりますが久々に推しの出ていない舞台に観に行くことになりました。

 

好きな劇団で、ずっと行きたいなー行きたいなーって思っていたのですがいざチケット販売開始になると推しの舞台とがっつり被っていて、、、おまけに私は地方民なのでそう何日も東京にはいることができません。できて2泊くらいかな。なのでどう調整してもこれは無理だな諦めようと思っていたらありがたいことに追加公演。気づいたのが遅かったのでプレミアム席はなかったのですが全然構わない。むしろ指定席でいい。指定席がいい。全体を見渡したい。

 

推しの舞台と時間が被らないか開演時間上演時間を確認して、よしいける!となりすぐチケットを取りました。今現在財布に200円ちょっとしかないのにもかかわらず迷いもせずポチッと。下ろしに行かないと。

 

日程を確認して手帳とにらめっこしてる時間ってすごく楽しいです。充実してる、、、ってなってそんなに確認することもないのに何回も手帳を開いてしまう。

 

何はともあれ本当に行けることになってよかったなって思います。

 

もちろん推しの出ている舞台は好きで行っているのでいいのですが、たまには推しの出ていない舞台をのんびり観たいなと思っていたのでとても嬉しい。

 

 

 

気づいたら嬉しいとよかったしか言ってなくてとても頭が悪そう。

 

 

面白い作品だといいな〜〜